飲むだけで、買うだけで、
1杯の珈琲が
仕事を生み出す

珈琲一杯から始まる社会貢献

※就労継続支援事業所は様々な形で運営されていますが、部品組み立て等の単純作業の仕事依頼を請け負っていることが多いです。しかし、その仕事依頼も新型コロナウイルス感染症の影響で減少。見えない未来を珈琲の力で明るくできないか......そんな想いで、「珈琲を飲むだけ、買うだけで社会が良くなる」そんな仕組みを作りました。

※障害をもつ人たちが働く場所のことです。

就労継続支援事業所の
仕事を生み出す

焙煎した珈琲を就労継続支援事業所と連携し、選別・包装を手作業で行っています。また、使用済みの珈琲のカスや廃棄する珈琲豆を回収し、珈琲雑貨を製作しています。

美味しい珈琲だからこそ
意味がある

イタリアで修行した、聴覚障害を持つバリスタが焙煎を担当しており、海外のコーヒー農園視察実績もある最高品質の珈琲豆を仕入れています。

ロゴの入った珈琲カップを持っている写真